農家です、最近ヒマが多くなっています。


by xg0zhjmslq

「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)

【篠田陽介が語る】

 昨年の衆院選で落選した篠田陽介前衆院議員(36)は、選挙後に自民党を離党した「第1号」だった。平成17年の郵政選挙では公募による「落下傘候補」ながら初当選した、いわゆる「83組」の1人、そして現在は「フリーター」となって政治家復帰を図る日々を送る。新たな生活を始めたばかりの篠田氏に、離党を決断した経緯や自民党への不満などを語ってもらった。衆院選直前に当時の細田博之幹事長に辞任を迫った内幕も…。

 −−政治活動はしているのか

 「昨年11月に自民党を離党しましたので、自民党時代に使っていた掲示板や立て看板をおわびかたがた外す作業に追われています。まずは身辺整理といいますか、落選したので徹底的に身軽にして、それから次なる活動につなげていこうという感じだ。また、街頭演説を週3回ぐらいやっています」

 −−活動拠点となる事務所は

 「今、事務所自体はありません。自宅が連絡先兼事務所みたいになっています。前に借りていた事務所の事務机だとかいろんなものはレンタルスペースを借りて押し込んであります。今年から新しいところをまた借りようと思っていますが」

 −−秘書は

 「雇っていた秘書は全員解雇せざるを得ない状況になりました。できれば1人ぐらい残したかったのですが…。どれだけこれから経費がかかるのか、お金がかかるのかわからない中、まず全員解雇せざるを得ないという状況になりました」

 −−青果仲卸業者でアルバイトをすることにした理由は

 「会社の顧問などいろんな申し出があったんですが、極力お断りをしています。それであれば、献金をお願いしますと。私は政治活動をするためには、きちんと献金や浄財のお願いをします。それとは別に自分で生活する生活費は、とりあえず自分で労働をして、その対価としていただきたいと思っているものですから、この仕事を選びました」

 「大学時代に名古屋にいまして、1カ月弱ですが、アルバイトをした経緯もあります。議員になる前も、なってからも、ずっとこの市場関係者には親しくさせていただいたものですから。わたしにとってはなじみの場所だという理由もあります。肉体労働はやっぱり結構すがすがしいんですよね。終わったときの爽快(そうかい)感だったり、達成感だったりというのは、なかなか政治活動をやっているとないんですよ」

 「政治活動についていえば、何年かずっとあいさつ回りをしたり、後援会を作ったりする結果が、選挙でしか出てこないわけです。そういうのは非常に日々悶々(もんもん)とすることが多い。こういう労働というのは非常にすっきりするような感じで、気持ちいいですね」

 −−周囲から反対はなかったのか

 「反対というのはないです。ただ『政治活動と両立できるのか』と心配していただく声はありました。朝5時と早いですから。午後からの政治活動に支障が出るのではないかという心配です。政治の世界には、夜のつきあいも当然ありますから」

 −−離党する引き金になったの

 「選挙が終わって、それから総裁選があって、新しい執行部になって、その体制なり姿勢を見て…。それが引き金ですね。本当に(自民党を)変えるつもりがあるのか、改革マインドを非常に疑ってしまった」

 「今、国会議員になられている方々は、この逆風でも当選されてきた。相当知名度があったり、地元の後援会がしっかりしていたりして、そんなに危機感を持っていないと思うんですよ。だってあの逆風ですら受かってこられるだけの力をお持ちですから。だから果たして本当に、その人たちに危機感があるかといったら、私は疑問符を持っています」

 「大きいものや古くなったものを直していく作業ではなくて、国民の今の時代のニーズにあった新しいものを作っていくことが、私がやるべき仕事だと思った。離党することは非常に勇気のいることです。さまざまな方からご批判やご不満の声をいただく話ですから。それでもやっぱり、新しいものを作る作業をやりたいと思った」

 「私は小さな政府や公務員制度改革を徹底的にやるとか、地方分権をやって、この国の仕組みを変えたかった。それをやりたくて、公募で衆院選に挑戦した。ただ、郵政造反組を戻した復党問題、あのときからだんだん自民党はおかしくなってきたな、とは悩んできたんです」

 「私は、総裁選で河野さん(太郎衆院議員)を一生懸命応援していました。一党員レベルではありますけど、地元では『河野さんをお願いします』ということで知り合いの党員にはお願いをして回っていました。河野さんになっていれば、河野さんが選ばれるような自民党であれば、離党していなかったかもしれません」

 −−離党して地元議員の反応は

 「それは厳しいですよ。いちばん厳しいご意見は『お前は公募で選ばれてここに来たんだから。ここから出ていってくれ』といわれた。しかし、中には『君の気持ちもよく分かる』という意見もあった。他には本音で『実は私も出ていきたいんだ』ということをおっしゃる方もいます。街頭演説をしていても、決断を下したことに対してのエールはいただいています」

 −−自民党の武部勤元幹事長の秘書をしていたが、離党するときに相談は

 「それが一番つらかったです。武部勤の秘書として10年近く仕えてきたわけですから。公募で選ばれて今の自分があるということもよく分かっていますから。やっぱり武部勤に理解を求めていく、ご理解をいただく作業が一番つらかったし、一番嫌だった」

 「昨年11月17日に離党届を出す直前に、自民党本部の党改革実行本部長室で武部勤と会いました。『もう君が決めたことなんだから、それはしようがない』『ぼくはこれだけ大きくなりましたとおれの前に顔を出せ』ということを言っていただいて、送っていただいた」

 「内心はやっぱり、武部勤自身は自民党ですから、そこを離れるということはたもとを分かつということですから、そのことに対しては素直に『そうか、頑張れ』というふうにはいかないでしょうね。それはいずれ私の考え、思いが分かっていただけるときがくると思っているし、思っていただけるように私も努力しなければならない。そういった政治を目指していかなくてはならないと思っています」

【関連記事】
元小泉チルドレンの悩み 新天地目指すも…
「闇将軍的な…」野党、小沢氏続投に猛反発
自民党再生 参院選しだいで党分裂も
「河野グループ」結成? 新世代保守を確立する会
自民、参院選挙区で公募活用…青木氏の処遇は?

日中領事協定、来月発効(時事通信)
<官房機密費>市民団体が河村前官房長官の告発状提出(毎日新聞)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
行政刷新会議に規制改革4分科会 新エネや幼保一元化を検討(産経新聞)
竪山容疑者、放火ほのめかす供述も 千葉大生殺害(産経新聞)
[PR]
by xg0zhjmslq | 2010-01-21 16:44